ドローンとビックデータで気象情報を把握…米国で研究進む

ドローンとビックデータで気象情報を把握…米国で研究進む

関連ワード:NASA 気象データ 米国

Written by Pocca

Posted date:2016.09.05

ビックデータ_ハリケーン
photo by datacreators

 東北や北海道で甚大な被害を招いた台風10号。しかもこの週明けにかけて、再び大型台風が迫ってくるという。過去に例を見ない大型勢力の自然災害が後を絶たない。

 近年、世界的に見ても、温暖化による干ばつやとゲリラ豪雨などの異常気候が問題になっている。アメリカではハリケーンの被害減少と農業の高度化のため、気象関連のビッグデータを活用した取り組みが注目されている。

 ここ最近、アメリカで最も懸念されている自然災害は、ハリケーンである。2005年ミシシッピ州とルイジアナ州に深刻な被害を及ぼした「カトリーナ」や2012年アメリカ東部に上陸した「サンディ」はまだ記憶に新しい。ハリケーンによる経済損失額は2004年から2012年までに累計で約3000億ドル(約31兆2500億円)にも上る。

 このようなハリケーンの進路や勢力を事前に予測するために、以前からNOAA(米海洋大気庁:National Oceanic and Atmospheric Administration)を中心として、様々な研究が進められていた。 NOAAは海洋や大気に関する調査・研究をする政府機関で、多数の衛星システムを運用しながら気象情報を収集・管理している。政府機関としてはNASA(米航空宇宙局)に続いて、約20億ドル(約2083億3300万円)の宇宙予算を運用中だ。

 最近では、ハリケーンの予測は、ローカル単位で予測精度を高める傾向にある。今年8月19日にはNASAが所有した、無人偵察機「グローバルホーク」によるハリケーンの調査計画を本格始動すると発表した。今までアメリカはハリケーンに直接、有人飛行で飛び込んで観測を行ってきた。

 しかし、これは重要なデータを取得できるものの、非常に危険な命がけの観測であり、実際にハリケーンの中で、探査機の墜落事故もあったほどだ。それに比べて「グローバルホーク」は、安全かつ、NOAAの気象衛星が獲得したハリケーンの広域データと、NASAのドローンが収集した詳細な風速、湿度、気温データを組み合わせており、正確性を高めていくうえでも非常に期待されている。

1 2 3