ドローン制御ソフト開発大手「AIRMAP」にマイクロソフトやエアバスら続々投資

ドローン制御ソフト開発大手「AIRMAP」にマイクロソフトやエアバスら続々投資

Written by Shinji Ikematu

Posted date:2017.03.03

photo by Airmap

 マイクロソフトと航空機メーカー・エアバスが、ドローンソフトウェア企業エアマップ(AirMap)に大規模な投資を敢行した。

 海外メディアの報道によると、エアマップ(AirMap)は、マイクロソフトベンチャーズから2600万ドル(約29億6000万円)の投資を誘致したとされる。エアマップが確保した資金は現在、約4300万ドル(約49億円)。マイクロソフト以外にも、エアバスベンチャーズ、クアルコムベンチャーズ、ソニー、楽天、中国・ユニック(Yuneec)から投資を受けている。

 エアマップは、ドローンオペレーターが飛行条件や地域、国内空域の規定を知ることができる技術を提供し、ドローンおよび航空業界から多くの注目を集めている。空港の交通管制オペレーターが同社のソフトウェアを使用すれば、周辺を飛行するドローンを確認することができる。

 昨年6月、元アラスカ航空グループ社長兼CEO、ウィリアム・ビル・エイヤー(William Bill Ayer)氏は、エアマップの理事会に参加。その席で「エアマップがいつの日か、既存の航空交通管制システムおよびナビゲーション技術を統合できると期待している」と話している。

 マイクロソフトベンチャーズの責任者であるナガラジュ・カシャップ(Nagraj Kashyap)氏は、VCチームが昨年5月に発足して以来、ドローン分野に投資したのは初めてだと説明している。

 マイクロソフト側はまた、「ドローン事業を直接手がけるわけではないが、エアマップのような新興企業が顧客にサービスを提供する際に役立つクラウドコンピューティングインフラを(我々が)提供することで、最終的に利益を得ることができる」と説明している。これはユーザーが、ドローン分野において、マイクロソフト社のクラウドプラットフォーム「アジュール(Azure)」を使用する場合、自社の利益につながるという構想である。

1 2

参照
fortune.com