ビッグデータで街の動きをリアルタイムに捕捉する「WindyGrit」…SNS投稿や警察・交通情報など分析

ビッグデータで街の動きをリアルタイムに捕捉する「WindyGrit」…SNS投稿や警察・交通情報など分析

Written by Jin Kodama

Posted date:2017.06.30



 街で起きている出来事を逐一知ることができれば、そこに住む人々の生活の質を向上させることができる。そんな“街を見通す機能”を実現したものに、ウィンディグリット(WindyGrit)がある。これは、米国シカゴ市で稼働しているアプリケーション。ビックデータを使用し、都市の「どこ」で「いつ」イベントが発生しているか、リアルタイムで確認できるというシステムだ。

 ウィンディグリットのアイデアが登場したのは、2012年のことだった。当時、シカゴ市ではNATOとG8サミットが予定されていたため、市長として在任中だったラムラーム・エマニュエル氏は、都心部で起きていることをすべて把握し、かつ来賓や訪問者の保護をする必要に駆られていた。そのような背景から開発されたのが、ウィンディグリットだった。

 シカゴ市ではその後、街で起きているすべての問題を把握するため36のデータソースを選別。MongoDBに統合した。そのデータソースには、911回線、非緊急311回線、事業者登録証、建築物違反、ツイート、交通情報、天気情報、緊急車両情報、環境へのクレーム情報などが含まれる。現在、それらデータはマラソンルートの策定、交通事故、犯罪活動、病気の発生、薬物の過剰摂取などあらゆる政策課題を解決するために活用され始めているという。

 例えば「食品安全性検査の効率改善」も、ウィンディグリットが活用されようしている領域のひとつだ。シカゴ市には36人の衛生調査官が配置されているが、対してレストランの数は約1万6000店もある。リソースを上手く配分する効率的な調査計画が必要だが、そこでウィンディグリットの予測分析機能の出番となる。

 ウィンディグリットには、すべてのレストランが地図上に点で表示され、マウスを置くと過去の違反の種類など「店舗データ」が提供される。また、直近の調査で安全検査に合格できなかったレストランをチェックしたり、頻繁に問題が発生する地域を把握することも可能となっている。加えて、天気、窃盗の多さ、衛生の問題、苦情、近隣の酒類もしくはタバコ販売許可など、追加のデータソースが統合されていて、どのような因子が「食の安全問題」に直結するか、正確かつ効率的に知ることができるようになっているという。

1 2

参照
computerworlduk.com
govtech.com