ビッグデータやチャットボット…韓国・流通業界のICTサービス競争激化

ビッグデータやチャットボット…韓国・流通業界のICTサービス競争激化

Written by Pocca

Posted date:2016.10.11


カカオナビ

カカオナビ photo by kakao


 韓国・流通業界で情報通信技術(ICT)基盤の顧客サービス競争が激化している。インターネットでのオンラインショッピングの普及によって、手軽さはもちろん、顧客の利便性向上に特化したサービス技術が求められるためだ。流通業界はチャットボットやビックデータ、検索エンジンなど、差別化されたICTサービスで顧客集めに総力をあげている。

 なかでも、韓国はGマーケットや11番街、インターパークなど、たくさんの通販会社があり、店舗で買うよりも明らかに値段が安いことがほとんどで、通販を利用する割合が高いと言える。

 韓国の格安通販サイト「クーパン」は年内にもファッションカテゴリーに、新しい詳細検索フィルターを追加する方針だ。今後、スタイルや色、大きさ、素材など具体的条件で、製品を検索が可能になる。ファッション製品の特性を綿密にビックデータ化し、顧客が希望する商品を迅速に提供する環境を実現する計画だ。

 クーパンはすでに即日配達だけでなく、会社の従業員である「クーパンマン」が、顧客に直接サービスを提供する「ロケット配送」のほか、簡便決済システムである「ロケットペイ」、顧客にあった商品をおすすめするサービス「アイテムマーケット」など、さまざまな試みを行っている。そしてついに昨年には、国内Eコマース業者(インターネットを使った電子商取引業者)のなかで初めて売上1兆ウォン(約920億円)を突破した。

 一方で、大手通販サイトのインターパークはチャットボットサービス「トーク執事」を導入。こちらは同サイトが運営する玩具専門サイト「アイトイズ(itoys)」が開発した「執事サービス」に人工知能(AI)技術を融合させ、ショッピング専用に改善したもの。

 顧客の問い合わせを通じて蓄積されたビックデータに基づき、商品の最低価格やクーポンの提供などを自動回答する。また望むデザインや最低価格商品を自動で検索・提供してくれる機能もあるため、ショッピング時間を大幅に減らすことができる。

1 2

参照
etnews