ナイキが自動でひもを調整するシューズ・ハイパーアダプト発売

ナイキが自動でひもを調整するシューズ・ハイパーアダプト発売

Written by Jin Kodama

Posted date:2016.09.24

ナイキ_ハイパーアダプト
photo by NIKE

 きたる11月28日、スポーツ用品メーカー・ナイキが、米国内の一部店舗で、自動でひもを調節してくれるシューズ・ハイパーアダプト(HyperAdapt)を発売する。同製品は、2015年末に発表したもの。1989年に公開された映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー2(Back To The Future Part 2)に登場するナイキマグ(Nike Mag)とは異なり、より実用性を高めたモデルである。

 ハイパーアダプトは、かかとにセンサーが搭載されている。内蔵モーターを駆動することで、自動的にひもを締めたり、緩めることができる。充電式電池を備えており、電源を使用すると、モーター制御やLED照明を活用することもできる。

 ナイキは、ハイパーアダプトの予約手続きについて、後日発表する予定。販売価格に対する言及はなかったが、予約手続きとともに公開されるものとみられている。また、ハイパーアダプトは、米国内の一部の店舗に限って販売される。他の国で販売されるかどうかはまだ明らかにされていない。

 ナイキはハイパーアダプトの他にも、センサー、クラウド連携などIT技術を融合させたスポーツ用品を提供。ユーザーごとに最適化、パーソナライズできるカスタマイズ機能を拡充することに焦点を当てている。