続々登場、ウェストの締まり具合を自動調整するスマートベルト

続々登場、ウェストの締まり具合を自動調整するスマートベルト

Written by Pocca

Posted date:2016.09.28

belty
photo by Emiota

 フランス製のスマートベルト「ベルティ(Belty)」は、スマート化された大きなバックルが、ウエストの細かな変化に反応し、自動でゆるんだり締まったりするベルトだ。座った時にはくつろげるようにベルトが緩まり、立ち上がると再び締まる。

 このような締まり具合は自分の好みによって専用のモバイルアプリを利用して調節することもできる。そのうえ学習機能も備えており、満腹の時や一日中何も食べないときなど、自身の状態によってベルトを調整できる。

 自動で調整されるベルト機能のほかに、フィットネス追跡機としても活用できる。バックルの内部にはジャイロスコープや加速度計といった、あらゆるセンサーが備わっている。これらのセンサーとスマートフォンを連動させると、ベルトは日々の身体活動を測定するアクティビティ・トラッカーに早変わり。専用アプリによって日々の推移をチェックすることができ、例えば怠けすぎで運動をするべきときには、ベルトが振動してその旨を通知してくれる。

 ベルトは高価なフランス産の皮を使うなど、ファッション製品という点も考慮されている。 しかしながら、製造会社であるイモタ(Emiota)は、ベルティの価格や発売時期などの詳細事項をまだ発表していない状態だ。

 一方、サムソン電子(Samsung)の社内ベンチャーとしてスタートした、スタートアップ・ウェルト株式会社が開発したウェルト(WELT)もまた、スマートベルトだ。一見、普通のベルトのように見えるが、内部にセンサーを搭載したバックルを通じて、ウエストのサイズや歩行情報、座っている時間を自動測定してくれる。

1 2