【スマートヘルスケア】デジタル技術を取り入れた注目の歯ブラシ

【スマートヘルスケア】デジタル技術を取り入れた注目の歯ブラシ

Written by Pocca

Posted date:2016.08.10
スマートヘルスケア_iBrush
iBrush photo by ibrand technologies

 ヘルスケア産業に大きな変革の波が押し寄せている。今や複数の性能は当たり前。製品を使うことで、健康にも美容にも効果的であることが大前提となっている。また、数値をデータ化し、さまざまなデバイスに連動、かつ見やすく管理できるよう開発されたIoT製品も珍しくない。

 そんな「スマートヘルスケア商品」を紹介していくこの企画。第1回目は「歯ブラシ」に注目したい。「磨く」以外に一体どんなプラスアルファな性能があるのだろうか?

■磨きながら口腔ケア

 アイブラシ365(iBrush 365)はブラシヘッドが回転する、円筒型の歯ブラシ。 歯磨きはもちろん、回転しながら歯茎をマッサージすることで、口内の健康づくりを促してくれる。

 この製品を設計したアイブランドテクノロジーによると、アイブラシ365を利用すれば、2週間以内に歯ぐきの後退や、出血を減らすような効果が見られるという。また、手で磨くよりも効率的に磨くことができ、黄ばみなどの変色防止の効果も得られるそうだ。

 ヘッド部分はソフトな材質を使い、頬の内側と舌を整えることができる。また、本体には多様なカラーがある。

 メーカー側は毎日2回、同製品の使用を勧めている。この製品は一度充電すれば6週間連続し使用することができ、バッテリーは500回まで充電することが可能。マイクロUSB端子を利用して充電するために旅行や出張中でも、簡単に利用することができる。ただ、ブラシヘッドは3ヶ月ごとに交換しなければならない。価格は109ドル(約1万1000円)だ。

1 2 3