AIがポーカー対決でプロを凌駕...試合進むほど「心理戦」でも有利に

AIがポーカー対決でプロを凌駕...試合進むほど「心理戦」でも有利に

関連ワード:AI ゲームAI 推論・探索

Written by Jin Kodama

Posted date:2017.01.20
人工知能_ポーカー対決
photo by cmu.edu

 20日間にわたり繰り広げられている、人間と人工知能(AI)のポーカー対決。その“参加者”のうちのひとつ「リブラトゥス(Libratus)」と呼ばれる人工知能システムが、高い能力を披露している。

 今月11日から、米リバースカジノで開催されているポーカー大会「脳vs.人工知能:賭け金を上げろ!(Brains Vs. Artificial Intelligence: Upping the Ante)」には、ポーカーのプロであるドン・キム、ダニエル・マコーレー、ジミー・チュウ氏などが参加。リブラトゥスと「ヘッドアップテキサスホールデム(no-limit heads-up Texas hold'em)」形式で対戦を行っている。

 リブラトゥスは早々に首位となった。初日には持ち金が7万4000ドルをわずかに超え、二日目には倍以上に増加した。開発者であるカーネギーメロン大学のトーマス・サンドホルム(Tuomas Sandholm)教授は、「これは国際的なベッティングサイトサイトで、(リブラトゥスを賭け率)4:1もしくは5:1程度の弱者として予想されていたことを考えれば、非常に素晴らしい結果」とコメントしている。トーナメント7日目、リブラトゥスはリードの幅を広げて、持ち金は合計23万1329ドルに増加した。

 ZKリサーチのアナリストであるゼウス・ケラバラ(Zeus Kerravala)氏は、「ゲームが続けば続くほど、人工知能はより多くの情報を得て、より多くのチップを持っていくように見える」と分析。また「人間の場合、ポーカーは技術、直感的、そして感情の組合せである。一方、人工知能は、学習された情報とデータに基づいている。ポーカーは、他の参加者と一緒にプレイするので、人に対応した人工知能をテストするのに非常に良いゲーム。逆にブラックジャックは、純粋な数字のゲームであるため、『人間対機械』の状況でテストするにはあまり適していない」とも説明した。

1 2

参照
computerworld.com