米バージニア州「出前ロボット」初の合法化…7月より関連法施行

米バージニア州「出前ロボット」初の合法化…7月より関連法施行


Posted date:2017.03.17


photo by instagram


 米バージニア州が、アメリカ国内で初めて配達用ロボットを合法化した。現地メディアによると、バージニア州は、先月24日に配達用ロボットを合法化する内容の法案(SB1207)を承認し、今年7月1日から施行する。

 同法案は、ロン・ビリャヌエバ(Ron Villanueva)、ビル・デステフ(Bill DeSteph)議員らが、エストニアに拠点を置く配達用ロボットメーカー・スターシップテクノロジーズ(starship technologies)の支援を受けて作成した。


 スターシップテクノロジーズは、世界50の都市での配達用ロボットのテストを終えており、カリフォルニア州レッドウッドシティのドアダッシュ(DoorDash)社、ワシントンDCのポストメイツ(Postmates)社とパートナー提携している。

 法案によれば、配達用ロボットは自律的に動作することが可能だが、時速10マイル(約16㎞/h)を超えてはならず、また配送する物資の重量も50ポンド(約22㎏)以下でなければならない。加えて、運用者側はロボットを常に可視圏に置く義務はないが、問題が発生した場合に備えてリモート監視を要求される。バージニア州政府は、配達用ロボットの動作について、詳細な規制案をまとめていく見通しだ。

参照
recode
geekreply.com
washington.cbslocal.com