米物流FedExのサービスロボット稼働開始…無人宅配ロボットや連動も計画中

米物流FedExのサービスロボット稼働開始…無人宅配ロボットや連動も計画中


Posted date:2017.06.24


photo by savioke.com


 物流大手・フェデックス(FedEx)が、シリコンバレーに拠点を構えるロボットスタートアップ・サビオケ(Savioke)と共同で、自社施設内で荷物を運ぶ自律移動ロボットの開発を進めている。サビオケはサービスロボット「リレイ(Relay)」を製作するメーカーだ。

 フェデックスは昨年からサビオケのリレイを活用し、修理センターであるテネシー州コリアーヴィル情報技術センター内の配荷作業を自動化するプロジェクトを進めてきた。修理センターには、顧客に配送される過程で壊れたスマートフォンなどの電子製品が持ち込まれるが、リレイに修理に必要な機器や物を運ぶ作業を代替させ、業務の効率化を目指す。

 これまで主にホテルに供給されているリレイは、重量約4.5kgの荷物を載せて移動することができる。ホテルでは顧客にルームサービスを提供したり、歯ブラシ、歯磨き粉、タオルなどを部屋まで運ぶ役割を担う。利用料は月2000ドル。すでにシェラトンなど大手ホテルを中心に、10万件におよぶ出荷業務を処理してきた実績を持つ。

【関連記事】>>>「歯磨き粉持ってきて…」ルームサービスロボ「Relay」米ホテルで導入進む

 サビオケ製品の設計担当役員であるエイドリアン・カノーサ(Adrian Canosa)氏は、「私たちの目標は、物をある場所から別の場所に移動する方法を変化させること」と述べているが、フェデックスとサビオケの提携は、ロボットがホテル接客業務にとどまらず、一般的な配送業務に用いられる予兆なのかもしれない。今後、病院、物流センター、ショッピングセンター、アパートや団地など人々が行き交う場所すべてが、リレイの市場になる可能性がある。

 フェデックスは現在、前述の修理センターで7台のリレイを稼働させている。またフェデックス系列会社であるキンコーズ(Kinkos)のマンハッタンオフィスにも、1台が設置された。カノーサ氏は「フェデックスに設置されたリレイは、オフィスで1000マイル(約1600km)の距離を移動しながら、数万件の出荷業務を処理している」と状況を報告している。

1 2

参照
savioke.com
marketplace.org