FBIの指紋認証技術より高性能!? 生体認証技術「虹彩認証」スマホ搭載へ

FBIの指紋認証技術より高性能!? 生体認証技術「虹彩認証」スマホ搭載へ

Written by Pocca

Posted date:2017.05.17

photo by wikipedia (public domain)

 近年、後を絶たない個人情報の漏えい事件。NPO日本ネットワークセキュリティ協会の被害調査によると、2015年の1年間で漏えいした個人情報は496万63人分にもおよぶ。漏えいした情報の中には、住所や氏名をはじめ、利用しているオンラインサービスのアカウントIDおよび、パスワードが含まれていた例も少なくない。

 一方、独立行政法人・情報処理推進機構(IPA)が2014年8月に発表した報告書によると、オンラインサービスを利用する際に同一のパスワードを使い回している人の割合は約4分の1(25.4%)にのぼっていたという。パスワードを使い回す理由としては「パスワードを忘れてしまうから」が最も多い回答(64.1%)を占めた。

 仮に複数のオンラインサービスで同じパスワードを使い回していた場合、他のサービスにおいても不正ログインされてしまう恐れがある。近年では大手のオンラインサービスのアカウント情報を盗もうとするフィッシング詐欺の手口も横行しており、IDやパスワードが漏えいすることで、金銭的被害に繋がるケースも散見されている。

 サービスを提供する側は、そのような被害を防ぐために、主にふたつのセキュリティ対策を促している。ひとつめは「パスワードの定期的な変更」だ。しかし、定期的に変更したところで、それが自身の誕生日や連続した数字などであれば、パスワードが安易に突破されてしまう。そこで、ふたつめの対策、すなわち「十分な長さを持った、複雑なパスワードの設定」を推奨する傾向にある。

 ただ使い回しへの配慮や、複雑なパスワード設定は、ユーザーにとっては非常に負担がかかるもの。そのため昨今では、「生体認証技術」にパスワード管理の負担解消が期待されはじめている。

 身近に接することができる生体認証機能としては、スマートフォンに搭載されている指紋認証が真っ先に思い浮かぶ。なかでも特に一般的な指紋認証は、本体に指紋センサーが内蔵されており、ユーザーがあらかじめ登録した指紋とマッチ認証を行う技術だ。

1 2 3

参照
jnsa
jpcert
jpo
yonhapnews
chosun.com