急増する医者のうつ病「燃え尽き症候群」にデジタル治療プログラムを試験導入

急増する医者のうつ病「燃え尽き症候群」にデジタル治療プログラムを試験導入

Written by 大澤法子

Posted date:2017.09.01


Photo by Pixabay.com



 米カルフォルニア州およびフィンランド・ヘルシンキに拠点を置くヘルスケア企業、メルヘルス社(Meru Health Inc.)は24日、医師のうつ病やバーンアウト(燃え尽き症候群)対策としての8週間のデジタル治療プログラム「メルヘルス・アセンドTM(Meru Health Ascend TM)」の試験的導入を前提に、米シュターヘルスグループ傘下の医療系NGO団体、パロ・アルト・メディカル協会(Palo Alto Medical Foundation=PAMF)と業務提携を締結した。 

「メルヘルス・アセンドTM」とは、元々自家保険制度を採用する企業の雇用者向けにメルヘルス社が考案した治療プログラムである。うつ病やバーンアウトに悩まされる医師にも適用すべく、今回の業務提携に至った。同プログラムの試験的導入に際し、うつ病やバーンアウトを発症した30名の医師が被験者として参加予定となっている。 

 生体データや行動データ、自己報告データを組み合わせ分析する独自のアルゴリズムが、スマートフォン上で完結するオンラインスクリーニング検査で得られたデータを精査し、その後常駐の医師が心理療法士による介入が必要かどうかを判断する。必要に応じて、メルヘルス社所属の心理療法士による介入が開始される。認知行動療法やマインドフルネス、行動活性化療法などのエビデンスに基づく心理療法を受けたり、匿名性のソーシャルネットワークで相談したりしながら、8週間のプログラムでうつ症状が改善されるようになっているという。 

 米国では、医師のうつ病やバーンアウトが深刻化している。バーンアウトは俗に「燃え尽き症候群」とも呼ばれ、精力的に活動していた人が突然無気力になるケースを指す。医師の54パーセントがバーンアウトの症状を抱えていること、研修医の29パーセントに重いうつ症状が見られること、さらにうつ症状のある研修医はうつ症状がない研修医に比べ、1人当たりの医療ミスの発生件数が6.2倍であることが、米メイヨー・クリニックの調査により裏付けられている。 

1 2