倉庫内の荷物情報を伝える「ドローン×RFIDシステム」…Parrot社製ホビードローンを使用

倉庫内の荷物情報を伝える「ドローン×RFIDシステム」…Parrot社製ホビードローンを使用


Posted date:2017.09.08


Photo by MIT



 ここ最近、大規模な倉庫内でドローンを活用し、効率的な商品管理を行おうという動きがにわかに活発になりつつある。アマゾンのそれはすでに広く知られているが、昨年には小売大手ウォルマートも米国全土の配送センターでド活用プランを進めていた。

 そんな、倉庫におけるドローン活用が注目を浴びるなか、MITメディアラボのファデル・アディブ(Fadel Adib)氏率いる研究チームが、ドローンにRFID中継器を搭載し、倉庫内のRFIDタグをスキャン・データ転送できるシステムを考案した。

 システムのプロトタイプは、RFIDタグとリーダーを最大50m間隔で配置しても、範囲内のボックスの位置を正確に記録することができるようになっている。逆にもっとも狭い範囲としては、ボックスの位置を19cm以内に指定することもできる。

 通信分野における中継器は、基地局の信号を増幅させ、サービスエリアの端にいるユーザーにも滞りなく信号を届けるための役割を果たす。 MITのグループはそのコンセプトをドローンに採用。倉庫内における効率的な在庫管理・追跡を可能にしようともくろんでいる。アディブ氏は最終的に、情報を相互に伝達しつつ複数のリーダーに提供できる、無人デイジーチェーン(直列連結方式)を想定している。

 現在のテストシステムは、RFIDリーダーからタグへの信号を伝達する単一のドローン装置で構成されている。タグは信号のエネルギーの一部を使用して、電源を供給。信号を再送信する前に、識別子をエンコードする。ドローンはその信号をリーダーに転送。リーダーは、識別子を解読する。

 MITの研究者は、倉庫にあるボックスを把握することに加えて、各ボックスの位置を記録しようとも考えているようだ。アディブ氏は「不足している品目を見つけるために、ドローンを使用できるかどうかが最も気になった点」と述べている。

1 2

参照
geek.com
spectrum.ieee