2017年の中国AI産業の成長率は50%越え...2019年には約4000億市場に

2017年の中国AI産業の成長率は50%越え...2019年には約4000億市場に

関連ワード:中国 統計

Posted date:2018.01.18
Photo by flickr

各国で人工知能産業の発展が続いているが、なかでも中国のスピードが際立って目立つ。2017年の中国のAI産業規模の成長率が51%を超えたと推定され、投資熱もさらに高まる気配だ。

調査企業「CB insights」によると、2016年(12月20日まで)に行われたグローバルAI領域の投資は合計635件で総投資額は5億1000万ドル(約570億円)だった。AIの商業化のスピードも早まり、多くの企業が成長を果たした。しかしながら、グローバルAI企業の数は、米国、中国、英国など少数の国に集中しているという状況も明らかにされた。 上記、3つの国を合わせて、グローバルAI企業全体の65.73%を占めるという。

最近、中国インターネット企業・網易(Netease)が発表した「グローバルAI発展レポート2016」によれば、米国のAI企業数が合計2905社で世界1位とされている。そのうち、カリフォルニア州サンフランシスコ、ロサンゼルスのふたつの地域の企業数は1155社で、グローバル企業全体19.13%を占めているという。中国のAI企業数は米国に及ばず、北京、上海、深センの企業が占める割合は7.4%にとどまった。それでも中国は東アジア地域で3位圏に入り、都市別では3都市がそれぞれ世界3位、6位、8位にランクインしている。

グーグル、マイクロソフト、IBM、フェイスブックなどの企業は、独自の優位性を武器にAI分野で積極的にプレゼンスを拡大している。人材の確保にも積極的であり、実験室の設立や研究・開発の拡大に拍車をかけつつ、オープンソースプラットフォームなどを通じて独自の生態系を築こうとしている。一方、中国AI産業は後発であるものの、産業全体が初期段階にあるので、まだまだチャンスがあると分析されており、実際に技術、資金、市場、人材などの面で同時に発展している傾向がある。

1 2