日本で話題をさらったAI小説...韓国では通信大手KTが公募展を開催

日本で話題をさらったAI小説...韓国では通信大手KTが公募展を開催

Written by 河鐘基

Posted date:2018.04.09
Photo by KT

韓国通信大手・KTが、韓国コンテンツ振興院の後援で、人工知能(以下、AI)で書かれた小説のクオリティーを競う「KT人工知能小説公募展」を開催すると明らかにした。

今回の公募展は、AI開発能力を保有している個人、スタートアップなど誰でも参加することができる。参加者および参加企業には、収集したデータを学習させた人工知能を使用して、指定されたフォームに合わせて小説を作成・提出する課題が提出される。参加申込期間は、4月5日から5月13日まで。公募展の案内ページから参加申込書フォームをダウンロードすれば申請できる。 KTは参加申込者を対象に「ジャンル」「分量」「応募形式」などを開設する事前説明会を開催する予定だ。

提出された作品は、今年6月中にKTのプラットフォームを通じて、約一ヶ月間にわたり読者に公開される。公募展の1次審査では、小説作品の文学的な価値を評価。 2次審査ではKT内・外部のAI専門家で構成された審査委員団との面談が行われ、最終的な受賞者が選定される。

なお、賞金総額は日本円にして約1000万円。最優秀賞に約300万円(1作品)、優秀賞に約200万円(2作品)、そのほか6作品に技術支援金約50万円が支給される。

KTコンテンツプラットフォーム事業担当のチョン・テジン常務は「今回の公募展は、人工知能が創作の世界に与える影響を計ることができるよい機会になるだろう(中略)小説は、人間の無限の想像力が反映された創作物。人工知能が学習を積んだとしても、簡単に人間のレベルに達することはできないだろうが、今後、AIとクリエイターがどのようにコラボレーションし、共存できるか示す良い事例になるだろう」と説明している。

日本では、数年前に韓国に先駆けて人工知能で書かれた小説が社会の注目を集めることに成功した。小説を書くAIプロジェクト「きまぐれ人工知能プロジェクト作家ですのよ」から生まれた作品の一部は、文学賞「第3回星新一賞」で一次審査を通過する実績も残しているが、プロジェクトを牽引したAI研究者・松原仁教授(公立はこだて未来大学)は言う。

「私はこれまで将棋AIなどを開発してきましたが、2010年以降、ある程度、人間の名人にも勝てるというゴールが見えてきて、いわゆる問題解決型AIの開発が一段落しようとしていました。そこで誰もまだ手をつけていないテーマ、感性型AIに挑戦しようと考えました。また当時、星新一氏の家族と知り合う機会があり、作品データをお借りできる幸運にも恵まれた。それが、プロジェクトが動き出したきっかけです」

1 2