遺伝子解析×AI×ブロックチェーン企業が構築を目論む「ライフデータ経済学」とは

遺伝子解析×AI×ブロックチェーン企業が構築を目論む「ライフデータ経済学」とは

Posted date:2018.05.21
Photo by Nebulagenomics

「遺伝子解析×ブロックチェーン技術」を開発するスタートアップと、「ディープラーニング×ブロックチェーン技術」でヘルスケアデータ交換プラットフォームの開発する企業が「ライフデータ経済」(life data economics)という新しい研究分野を開拓するために手を握った。

米スタートアップ・ネブラゲノミクス(Nebula Genomics)と香港に拠点を構えるロングジェネシス(Longenesis)は15日、ライフデータ経済領域の研究を進めるためにパートナーシップを締結することを明かした。

ネブラゲノミクスは、遺伝子研究をリードするハーバード大学ジョージ・チャーチ(George Church)教授、ハーバード大学の研究員であるカマル・オバッド(Kamal Obbad)氏、デニス・グリシン(Dennis Grishin)氏らが共同で設立した企業だ。同社はブロックチェーン技術をベースに、個人が遺伝子情報を製薬会社やバイオテクノロジー企業に直接販売できるプラットフォームを構築しており、今後、他の種類の臨床データ販売まで拡大する計画を掲げている。

一方、ロングジェネシスはAI企業・インシリコメディシン(Insilico Medicine)と、世界第2位のビットコインマイニング企業・ビットフューリー(Bitfury)が共同で設立した企業だ。ブロックチェーンベースのプラットフォームを使用して、ユーザーが自分のデータを安全かつ個人的に販売できるようにするデータ市場の構築を目標としている。現在は、インシリコメディシンと共同開発した人工知能ツールを使用して、実験室で行われたテストの結果のような健康関連データを保存・交換するためのプラットフォームを開発している。

チャーチ教授は、「ネブラゲノミクスは“バイオバンク”のような大規模なデータプロバイダと、個人が自分の遺伝子情報の所有権を維持しつつ、ともに利益を稼ぐことができるようにしていく。また遺伝子データ生産を奨励し、データを単一のネットワークに集め、研究者たち便利かつ安全にアクセスできるようにする予定である」としている。加えて「ロングジェネシスは、長期的な健康データに焦点を当てた同様のプラットフォームを構築しており、ふたつのプラットフォームは互いをよく補完し合うだろう」と説明している。

1 2 3