中国に眠る莫大なリハビリロボット需要...注目株のマイルボットがレノボなどから資金調達

ロボティア編集部
ロボティア編集部

ただし、市場が大きいだけで業界への進出は簡単ではないという。マイルボットのCEO・陈功博士は、「中国産リハビリロボットは市場進出期を迎えていますが、まず臨床試験と緊密に連携を取った後、国の医療保険の支援が必要。各病院でもこの問題を重視しなければならない」と強調している。

陈氏は今後、外骨格リハビリロボットを通じて、「スマートリハビリシステム」を発展させていく計画である。続いてフレキシブルドライバーをベースにした人間-機械間のインターフェースを使って、より多くのソリューションを開発していくとしている。今回、投資に乗り出した分享投资側の関係者は「マイルボットのフレキシブルドライバー外骨格ロボットは分享投资の先端基地に符合する。市場潜在力も大きい」と評価している。