「ツイッターがスワヒリ語対応」とのフェイクニュース拡散...アフリカ言語未対応への皮肉!?

Photo by youtube

5月初旬、ツイッターは祝福モードに包まれた。ツイッターの対応言語に、スワヒリ語が新たに加わったという。

結論から言うと、それはとんだフェイクニュースである。2018年5月末現在、ツイッターの対応言語にスワヒリ語は含まれていない。

ツイッター民はスワヒリ語の現状を皮肉り、「#TwitterRecognizeSwahili(ツイッターはスワヒリ語を認識する)」「#SwahilisNotIndonesian(スワヒリ語はインドネシア語ではない)」といったハッシュタグ付きツイートを拡散。キャンペーン参加者の面々には、ツイッターアカウントを保有する個人のみならず、公式アカウントも見受けられた。

ツイッターがサポートしている言語は、英語、アラビア語、ベンガル語、チェコ語、デンマーク語、ドイツ語、ギリシャ語、スペイン語、ペルシャ語、フィンランド語、フィリピン語、フランス語、ヘブライ語、ヒンディー語、ハンガリー語、インドネシア語、イタリア語、日本語、韓国語、マレー語、オランダ語、ノルウェー語、ポーランド語、ポルトガル語、ルーマニア語、ロシア語、スウェーデン語、タイ語、トルコ語、ウクライナ語、ウルドゥー語、ベトナム語、中国語(簡体字、繁体字)の34言語だ。上記のリストを見て分かるように、スワヒリ語に限らず、アフリカ諸言語自体が未対応の状況だ。

スワヒリ語は東アフリカを中心に広く話されている言語であり、タンザニアやケニア、ウガンダでは公用語に指定されている。アフリカ諸国は長年奴隷貿易を強いられてきた。その歴史的背景もあり、欧州諸国による統治以降、現地語であるスワヒリ語への思いが強まっている。今や、スワヒリ語は国民意識の形成をはじめ、政治や経済、教育などあらゆる場面において有意な役割を担っている。

さて、ソーシャルメディアにおけるスワヒリ語のサポート状況が気になるところだ。ツイッターの対極的存在であり、ソーシャルメディアの代表格であるフェイスブック社は、ソマリア語やアフリカーンス語、ハウサ語などのアフリカ諸言語の単語やフレーズを認識する。

大澤法子

記者:大澤法子


翻訳者・ライター。1983年、愛媛県生まれ。文学修士(言語学)。関心分野は認知言語学、言語処理。医療・介護分野におけるコミュニケーションに疑問を抱いており、ヘルスケアメディアを中心に活動中。人間同士のミスコミュニケーションに対するソリューションの担い手として、ロボット・VRなどがどのような役割を果たし得るかを中心に追及。

https://roboteer-tokyo.com/about