WWFとグーグルの「ドローン密猟監視」が暗礁か...見つけても逮捕できず

WWFとグーグルの「ドローン密猟監視」が暗礁か...見つけても逮捕できず

Posted date:2017.05.02

photo Free Stock Photos.Biz

 アフリカ大陸では、密猟が深刻な社会的課題として浮上している。2007年から2014年までの間に、象の全体数のうち約30%が消えた、また2015年の1年間で少なくとも1338匹のサイが乱獲されたという一部統計がある。しかも、密猟グループの犯行テクニックは日毎に発展しており、防犯のための努力と措置はほとんど効果を上げられずじまいだそうだ。

 2014年に公園内の象50頭、および2匹のサイが密猟されたマラウイのリウォンデ国立公園(Liwonde National Park)は、翌年の2015年からアフリカン・パークス(African Parks)に助けを請うた。アフリカン・パークスは、密猟に脅かされるエリアを支援する非営利団体である。公園側から要請を受けた同団体がマラウイで作戦開始して以来、1万8000以上の密猟罠を押収。逮捕実績は100件以上にのぼっている。

 アフリカン・パークスは従来の方法で摘発を進めることに加えて、ハイテク機器を使った対策にも乗り出している。同団体の南アフリカ共和国チームには、ドローンチームが発足した。資金の提供を行ったのは、世界自然基金(World Wildlife Fund)とグーグルで、その総額は500万ドルとなる。

 現在、UAV&Drone Solutionsという企業が、公園内でドローンを使った監視活動に協力しているという。同社は、夜間であっても15マイル以上にわたりドローンを飛行させる認可を得た。これは、アフリカでは初めての事例だそうだ。密猟者のほとんどは夜に動くが、公園側には夜間にパトロールを行うリソースがなかったため、ドローンが非常に便利な監視・摘発手段になると期待されているという。

 2017年4月現在、アフリカ大陸で政府公認のもとにドローンが運用されているエリアは、南アフリカとマラウイ、ジンバブエ。加えて、今後はボスニアでも運用がはじまる予定だ。アフリカで運用されているドローンに派、翼にカメラと映像送出機、遠隔操縦装置などが搭載されており、8時間以上の飛行が可能なものもあるという。

【関連記事】>>>韓国産国境監視用ドローンが東南アジアにテスト輸出
【関連記事】>>>米大学がドローンでバイオサンプル配送テスト…片道64km

1 2 3

参照
nytimes.com
defenceweb.co.za