フリーランス人材市場「重要スキル」1位はVR…米人材大手のランキングで判明

フリーランス人材市場「重要スキル」1位はVR…米人材大手のランキングで判明

Written by 大澤法子

Posted date:2017.08.10


Photo by tmeier1964


 世界最大のフリーランサー向けクラウドソーシングサイトを運営する米人材企業アップワーク(Upwork Inc.)は1日、2017年第2四半期のフリーランス人材市場において特に重要な20スキルをランキング形式で提示したうえで、VRに関する知識・能力が最有力視されていると発表した。

 昨年VR元年を迎え、中国のテンセントや日本のグリーなど、世界のテック企業がVRへの投資に積極的な姿勢を示している。米国のIT系コンサルティング企業IDCが8月3日付けで発表した報告によると、2017年におけるVR・AR関連支出額は114億ドルと予想。その後毎年倍増し、2021年には2150億ドルに達する見通しだ。

 VR・AR市場の拡大に伴い、関連の人材への需要が高まると分析したのがアップワークだ。同社は自社運営の「Upwork」上でフリーランサーに支払われた金額に基づき独自のスキル指標を打ち出すとともに、前年からの成長率を算出。そのデータによると、同社が重要視する20スキルの需要は2017年第2四半期で急速に伸びており、特に上位10スキルにおいては昨年の同時期と比べ300パーセント増であるという。

 同社が発表したランキングのトップに躍り出たのが「VRに関する知識・能力」だ。10位以内にランクインしたスキルは以下の通りである。

1.VRに関する知識・能力
2.自然言語処理能力、
3.計量経済学関連の知識・能力、
4.学習管理システム(LMS)運用能力
5.ニューラルネットワーク関連の知識・能力
6.ペネトレーションテストを扱う能力
7.SEO監視能力
8.画像のパターン認識技術を駆使した画像処理能力
9.プロジェクト管理アプリケーション「Asana」で業務や事業計画を管理する能力
10.フェイスブックAPI開発能力

1 2

参照
upwork.com
bloomberg.com