サムスンが社内7プロジェクトのスピンオフ支援...「VR・AR仮想デスクトップ」など過去最大規模

サムスンが社内7プロジェクトのスピンオフ支援...「VR・AR仮想デスクトップ」など過去最大規模

Posted date:2017.11.27
Photo by YouTube

韓国・サムスン電子が、社内ベンチャー育成プログラム「Creative Lab(以下、C Lab)」内の優れたプロジェクト7つに対し、創業支援を行うと10月末に明らかにした。今回、対象プロジェクトに参加しているサムスン電子社員は合計25人となり、ラボ開設以来、最大規模となる。

C Labは、2015年から上・下半期に分けてスピンオフ(独立支援)を進めており、2年間合計(今回を含む)で32社のスタートアップが創業した。なお今回は、サムスン電子関連企業の職員が参加するプロジェクトの初スピンオフ事例も登場した。

今回、創業が決まった7つのプロジェクトは、7月から事業計画の本格的な計画を策定。社内外の専門家から起業に必要な実務教育を受けてきた。スピンオフするプロジェクトの概要は以下の通りだ。

■ハイパリティー(Hyperity)
VR・ARで「リモート仮想デスクトップ」を実装・制御するソリューションを開発する。仮想スクリーンを利用することで複数のモニタを同時に浮かべ、様々なコンテンツを簡単にコントロールすることができる。モバイルで稼動することが困難な3Dグラフィックツールや高性能PCゲームも、場所の制約なく楽しむことができる。

■リンクフェイス(Linkface)
ユーザーの表情や口の形、瞳の位置を認識してVRを操作することができる、新しいコンセプトのインターフェイスを開発している。表情認識に基づく感情分析を行うことができ、VRコンテンツのユーザー分析も可能となっている。

■ピクセルロ(PIXELRO)
老眼ユーザーがより快適にスマートフォンを使用できるようにしてくれる「視力補正ソリューション」を開発している。近くの文字を読むときに必要な眼鏡機能を、スマートフォン前面にあるレンズアレイフィルムや映像処理アルゴリズムで実装。メガネがなくても画面をよく見ることができるよう支援する仕組みだ。

1 2