絶滅危惧種をVRで救う…キノボリカンガルーで豪大学が実験

絶滅危惧種をVRで救う…キノボリカンガルーで豪大学が実験

Written by 大澤法子

Posted date:2017.08.31
Photo by Johnathan Nightingale(via flickr)

 オーストラリアのクイーンズランド州では、「キノボリカンガルー」と呼ばれるカンガルーの一種が絶滅の危機に瀕している。オーストラリアおよびニューギニア島にて生息が確認されているキノボリカンガルーは全部で10種。そのうち、オーストラリアに生息するのは、ルムホルツカンガルー(学名:Dendrolagus lumholtzi)、ベネットキノボリカンガルー(学名:Dendrolagus bennettianus)の2種だ。ルムホルツキノボリカンガルーはベネットキノボリカンガルーよりも分布数が少なく、クイーンズランド州により準絶滅危惧種(Near threatened)に指定されている。

 そんなキノボリカンガルーを絶滅の危機から救うべく立ち上がったのが、クイーンランド地方北部にて活動するキノボリカンガルーおよび哺乳動物の保護団体だ。今年5月、リーアン・イーノック(Leeanne Enoch)科学大臣よりその活動の方向性が認められ、クイーンズランド政府より1万オーストラリアドル(約86万円)が付与された。現在、地元のジェームズクック大学の情報技術アカデミーと連携し、世界初のVRロボット「キンバリー(Kimberley)」の開発を進めている。

 今回の研究プロジェクトの目標として、絶滅危惧種の保護のみならず、学生のSTEM教育の促進が掲げられている。キノボリカンガルーを絶滅の危機から救う第一歩として、学生を含む科学イベントに参加する人々とキンバリー間の交流の促進が狙いにあるようだ。脳内に人工知能が埋め込まれたキンバリーは、環境に関する知識を学習し、人間とのコミュニケーションに挑む。

 研究プロジェクトの参加メンバーであるデイビッド・ハドソン(David Hudson)氏は、研究の意義について、以下の通りコメントしている。

1 2

参照
research.jcu.edu.au
statements.qld.gov.au