Nianticのジョン・ハンケCEO「VRよりARがエキサイティング」

Nianticのジョン・ハンケCEO「VRよりARがエキサイティング」


Posted date:2016.09.27


ポケモンGOプラス

photo by pokemoGo


 ポケモンGOを開発したナイアンティック(Niantic)のジョン・ハンケ(John Hanke) CEOは9月19日、米ITメディアのインタビューに対して「人間的にも、技術的にも、拡張現実は、仮想現実よりもはるかにエキサイティング。今後の発展可能性も高い」と述べた。

 バーチャルリアリティ(virtual reality・VR)は、コンピュータを利用して完全に新しい空間を演出。現実社会とはまったく別の場所に来たかのように感じさせる効果がある。しかし、ハンケCEOは「ヘッドセットを使ってみるバーチャルリアリティは、ユーザーを他人から遮断する。一方、拡張現実は(人を)家から外出させ、ショッピングなどさまざまな活動をするのに役立つ」とした。

「いつかはARグラスをかけて、目の前に現れるポケモンを捕まえることも可能になるだろう(中略)まだその段階にはいたっていないが、途中の過程に対応する製品をつくった」
(ハンケ氏)

 ナイアンティックが今月リリースした「ポケモンGOプラス」が、この製品に該当する。時計のよう手首に装着し、スマートフォンをオンにしていなくても、ポケモンの出現を振動で知らせてくれる。ナイアンティックはまた、アップル社製の「アップルウォッチ」でポケモンGOを楽しむことができるアプリも開発した。

 ヘンキCEOは創業者であり専門家だ。ゲームメーカー2社創業し、その後、3D地図ベンチャー企業・キーホール(keyhole)を創業した。 Googleは2004年にキーホールを3500万ドルで買収。この時、ハンケCEOはGoogleに入社し、キーホールのサービスはGoogleの衛星写真サービス「グーグルアース」の母胎になった。

1 2

参照
recode
fdj.com