「30球場で始球式をやりたい」...ネバダ州立大学&MLB関係者が叶えた義手少女の夢

「30球場で始球式をやりたい」...ネバダ州立大学&MLB関係者が叶えた義手少女の夢

Posted date:2018.07.31

昨年9月、米スポーツウェブマガジンア「ブリーチャー・レポート」は、「ポーランド症候群について知らせ、障害のある子供たちに希望を与えるため始級をしたい」というDawsonさんの話を動画レポートにまとめた。そしてTwitterにUPし、メジャーリーグ球団に応援を求めた。

それに対し、ヒューストン・アストロズは昨年10月19日、LAドジャースと行ったワールドシリーズ第4戦の始球者としてDawsonさんを招いた。それ以前に、オリオールズ、ナショナルズ、アストロズのホーム球場に招かれたDawsonさんは、今年は始球式ツアーを行っている。ネバダ州立大学は、Dawsonさんが訪問する各球団のロゴとユニフォームの色を入れた義手を作成。ユナイテッド航空会社は、全国競技場に通うDawson家族に無料航空券を提供する。Dawson家族は、28日にサントラスト・ パーク(アトランタ・ブレーブス)に向かう。そして、 9月17日のエンゼルスタジアム(LAエンジェルス)が、「30球場制覇」の終着点となる。

1 2