日本のロボット産業の現状と課題…ロボット工業会・矢内重章氏

日本のロボット産業の現状と課題…ロボット工業会・矢内重章氏

関連ワード:

Posted date:2015.11.05

ロボット新戦略
photo by 首相官邸HP

 国内および海外の大企業が相次いで進出しているロボット産業。欧米、アジアの主要国も、国家的かつ積極的な後押しを表明しており、今後、グローバル市場における覇権争いは混迷を極めることが予想される。そんななか、日本のロボット産業の現状はどうなのか。また、これから先の未来はどうなるのだろうか。その疑問に答えるため、ロボティア編集部では日本のロボット分野の専門家たちにインタビューを敢行。今回は、ロボット工業会(JARA)総務部長・矢内重章氏に話を聞いた。

以下、インタビュー

header1

 ここ数年、安部首相の肝いりでロボット革命実現会議などが設置されるなど、東京五輪が行われる2020年に向けて、ロボットを社会的に広く普及させていくために具体的なアクションが進んでいるように見えます。なぜ、現在ロボットが注目を集めているのでしょうか?

 なぜ政府がロボット産業に力を入れようとしているかというと、背景には日本が抱えている社会的課題があります。なかでも大きな問題は、少子高齢化による労働力の減少です。例えば、高度経済成長期に建てたインフラの老朽化が問題となりつつあります。これからスクラップ&ビルドしようとしても、現在の国の財政は難しい状況にある。次善策としてメンテナンスをしっかりやろうという方針があるのですが、人口が減っていくなかでメンテナンス人材を抱えるのも簡単ではありません。

 また一例では、少子高齢化により農業や漁業の衰退も著しいですよね。これまで農業の現場は、労働力減少を中国からの研修生を呼び込むことで解決しようともしました。ただし、中国も経済発展を遂げ事情が変わってきている。現在では、農家が派遣会社から派遣される人たちの手を借りて、収穫期や繁忙期を乗り越えているという例もあります。

 森林保護なども日本の社会的課題のひとつでしょう。日本は森林が国土の6割。人工的に植えた木は流されやすく、間引きを丁寧にしないと山が荒れる。災害時には、被害が大きくなる要因にもなります。

 これらの問題以外のあらゆる問題が、少子高齢化による労働力の減少と密接な関係にあるのですが、解決策としては大きくふたつが考えられます。ひとつは、外国から労働力を呼び込むこと、そしてもうひとつがロボット導入による自動化です。

1 2 3 4 5

参照
roboticstomorrow.com