夢物語でロボットは作れない、日本の学会とロボット研究

夢物語でロボットは作れない、日本の学会とロボット研究


Posted date:2016.01.09


 国内および海外の大企業が相次いで進出しているロボット産業。欧米、アジアの主要国も、国家的かつ積極的な後押しを表明しており、今後、グローバル市場における覇権争いは混迷を極めることが予想される。そんななか、日本のロボット産業の現状はどうなのか。また、これから先の未来はどうなるのだろうか。その疑問に答えるため、ロボティア編集部では日本のロボット分野の専門家たちにインタビューを敢行。今回は、日本ロボット学会 事務局長・細田祐司氏に話を聞いた。

 以下、インタビュー

>>>(前編)ロボット大国・日本の学会と産業ロボット研究

パックボット

photo by NASA


日本の学会では現在、産業用以外のロボット研究は進んでいるのでしょうか?

 2011年の東日本大震災以降に注目され始めたのは、防災ロボットですね。さまざまな団体が結成され、開発も進みました。防災ロボットを構成する要素技術は、研究テーマとしは一時代前のものですが、実戦でいかに確実に使用できるかという点が問われています。

 分かりやすい例で言えば福島原発事故が挙げられます。事故発生当時、政府はアメリカの支援により、軍事ロボット「パックボット(PackBot)」を導入しました。パックボットは最先端技術というよりは比較的枯れた技術を使用した物です。ただ、掃除ロボット・ルンバを作っているirobot社が、軍事目的で湾岸戦争などに10年間近く投入していたため、製品として鍛え上げられ完成度が高かったのです。また、実戦で使いこなせるスキルを持つオペレーターもいました。

 一方、日本では大学などを中心に防災ロボットを作ってはいたのですが、市場がなく、製品設計ができていませんでした。つまり、実用化研究開発が遅れていたのです。いざ震災が起きた際には「全然役に立たない」、「日本のロボットは何やっているんだ」という厳しい批判があがりました。

 当時、大学側ではこのような批判を受け、社会に実際に役立つようなものを作ろうという動きがでてきたのです。ベンチャーなども立ち上がり、社会的にも防災ロボットがクローズアップされ、学会や国プロなどでも、新規の技術開発の話が進みました。ただし、ロボット開発とともに重要な、ロボットをどうやって使うか、また扱う人材をどう育てるかという点はなかなか進みませんでした。

 少し話が遡るのですが、1999年の東海村JCO臨界事故において、事故後、同年には補正予算で防災ロボットを作ろうという議論になりました。2000年に、約30億円の予算を投じて、防災ロボットを作りました。これと共に約300億円の予算を投じて、その防災ロボットを使う防災センターを運用する計画でした。しかし、原子力プラントン安全対策のためのロボット装備は不要との声があり、最終的には、ロボットを運用する組織はできないまま、開発された防災ロボットはお蔵入りになりました。

1 2 3 4 5 6

参照
techinsider