ロボット大国・日本の学会と産業ロボット研究

ロボット大国・日本の学会と産業ロボット研究


Posted date:2015.12.28


 国内および海外の大企業が相次いで進出しているロボット産業。欧米、アジアの主要国も、国家的かつ積極的な後押しを表明しており、今後、グローバル市場における覇権争いは混迷を極めることが予想される。そんななか、日本のロボット産業の現状はどうなのか。また、これから先の未来はどうなるのだろうか。その疑問に答えるため、ロボティア編集部では日本のロボット分野の専門家たちにインタビューを敢行。今回は、日本ロボット学会 事務局長・細田祐司氏に話を聞いた。

rsjlogo

以下、インタビュー

―まず、日本の強みである産業ロボット研究の現状からお伺いしたいと思います。現在、大学や研究分野では、どのような議論がなされているのでしょうか?

 日本の学界ではここしばらく産業ロボットに関する研究はそれほど活発ではなかったと言えると思います。その背景を理解するためにも、日本と産業ロボットの歴史に触れる必要があるかもしれません。

 まず、日本はロボット大国と言われるとおり、他国に比べて産業ロボットの導入が進んでいます。これは、産業ロボットメーカーの地道な努力や、ロボットの導入を進め自ら自動化製造ラインの開発を進めた自動車産業などの企業努力による功績に依るところが大きいと思います。

 日本では1970年代くらいから、大企業を中心に溶接、加工ロボット等の導入がはじまりました。簡単に導入と言っても、使いこなす側にも技術や財力が必要になります。日本の大手企業は使い手として高い技術を蓄え、産業ロボットが活躍できる設備投資を進め、ヘビーユーザーとして産業ロボット市場を支えました。ロボットメーカー側もそのような支えの中で開発に拍車をかけ、ビジネスとしてのサイクルが上手く回ることにより、80年代にはロボット大国・日本になったという経緯があります。

 産業ロボットの実用化は、1960年代に米国ユニメイド社やジョセフ・F・エンゲルバーガー博士等が先鞭をつけ、これをきっかけにして、日本の大学は、産業ロボットの核となる技術の研究を始めました。一方、それらをブラッシュアップし、現在の日本の趨勢に繋げたのはメーカーでした。そのような背景で、産業ロボットが普及し始めた黎明期には、学会や大学などの研究側の寄与も多かったと考えますが、事業化が進むにつれ研究側の手が離れていきました。

1 2 3 4