ドローンの活用がいち早く進む韓国・釜山市、担当者に事情を聞く

ドローンの活用がいち早く進む韓国・釜山市、担当者に事情を聞く

関連ワード:

Posted date:2016.01.13
釜山_ドローンで撮影
photo by rayhue.tistory.com 

 きたる1月28から30日にかけて、韓国最大級のドローン国際展示会「ドローンショーコリア2016(Drone Show Korea 2016)」が開催される釜山(プサン)。韓国第二の都市として名高い海洋都市では、昨年から市がドローンを導入し積極的な活用を始めている。

 なかでも注目を集めた活用事例のひとつが“海岸警備”だった。釜山市は韓国有数の海洋リゾート都市だ。夏になると、韓国全土や海外から観光客が押し寄せる。一方で、海と関連した事故も多く、市の職員たちはそこにドローン活用の活路を見出した。釜山市職員として「ドローンショーコリア2016」の運営に携わる基幹産業科主務官ホン・ギウォン氏は言う。

「観光には海雲台という有名な海水浴場があります。その付近では、海流が発生したり、岩場が多く人命事故も少なくありませんでした。その危険を監視するという目的でドローンを導入しています」

 釜山市がドローンを海岸警備に採用したのは2015年7月。が、その導入が提案されたのはわずか1か月前、6月のことだったという。ホン氏は続ける。

「ドローンを実際に使ってみようという計画は、昨年の6月に提出されました。もともと、釜山大学に航空宇宙工学科があり、そこでドローン研究・開発が進められていました。ただわたくしども市としては、『ただ作っても意味がないのではないか』という考えがあったのです。やはり現場で活用してこそ、開発にも拍車が進む。そこで、提案して導入という流れにいたりました」

1 2 3 4

参照
biz.chosun.com
traveldealscheap.com