次元の壁を超えろ!コミュニケーションロボット・Gateboxの可能性

次元の壁を超えろ!コミュニケーションロボット・Gateboxの可能性


Posted date:2016.02.22


getebox2 

 世界中で人工知能アシスタントやIoT端末が次々と発表され、モノのスマート化か急激に進む昨今。オタクの聖地・秋葉原からとある製品が発表され、世界の人々に歓喜と驚きを持って迎えられている。“世界一クレイジーな会社”を目指す株式会社ウィンクルが開発を進める「Gatebox」だ。同製品は好きなキャラクターと一緒に暮らせるというコンセプトのもと生み出された、ホログラムコミュニケーションロボット。実現すれば、世界中のオタクたちの夢を叶えるのみならず、社会に大きな変化をもたらすであろう可能性を秘めている。ロボティア編集部では、発売に先立ち代表の武地実氏に話を聞いた。

 以下、インタビュー(太字はインタビュアー)

Gateboxの情報をはじめて拝見した際に、思わず「秋葉原がやってくれた!」と衝撃を受けました。周囲の反応はいかがでしょうか?

 実は今、めちゃくちゃ問い合わせ来ていて、Youtubeのコメント数もどんどん増えているんです。やばいんです、英語対応とか追いついてなくて…社員で手分けして、可能なものから順次対応させてもらっています。

 そういえば、この前すごくうれしいことがありました。弊社でHPに、“よくある質問”の回答を掲載しているのですが、海外の人がそれを英語に翻訳して送ってくれたんです。「これ、そっちで使ってよ」と。

すでに「やってくれた」という喜びが、世界で共有されはじめている印象ですが、問い合わせはどの国が一番多いのでしょうか?

 日本以外だと、特にアメリカが多いですね。それに、中国、台湾、ベトナム、インドネシア、マレーシアなどからも問い合わせがありました。韓国からは「多言語化しないのか」という質問もいただいています。欧州の方では、ドイツ、フランス、イタリア、スロベキアなどでメディアに掲載してもらって、そこから反応をいただいています。僕としては1年前からやってきたので感覚が鈍っていたところもあるのですが、ここまで反響いただけると嬉しい限りです。

1 2 3 4 5 6

参照
株式会社ウィンクルHP