蜂型ロボット「ロボビーズ」、人工授粉、遭難者の探索などに使用か

蜂型ロボット「ロボビーズ」、人工授粉、遭難者の探索などに使用か

関連ワード:

Posted date:2015.11.21

 蜂を模倣した超小型ロボット「ロボビーズ(RoboBees)」が開発された。ロボビーズは、人工授粉から遭難者の探索まで、幅広い用途で利用される見通しだ。今回の研究には、ハーバード大学、ニューヨーク州立大学バッファロー校、フロリダ州立大学などの研究者たちが参加している。研究者たちは、蜂という昆虫を模倣し、その超小型飛行ロボットを開発した。バイオミメティクス=生物模倣は科学技術分野で注目を集めているが、ロボビーズの着想もまた生物からインスピレーションを受けたもののようだ。

 研究者たちがこれまで作ってきたロボットは、周囲を認識する能力が不足していたため、障害物を避けたり、花に降り立つ任務をこなすことが難しかった。そこで、レーザーベースのレーダーを視野に使用した新型ロボットの開発に乗り出した。現在では、水面に落ちた際にも、再び飛び立つことができる性能を備えているという。

 ロボビーズの目には、ライダー(LIDAR=Light Detection and Ranging)センサーと呼ばれる技術が使用されている。これは、ラジオ波の代わりに「不可視レーザーパルス」を利用したものだ。

 ライダーセンサーは、目に見えないレーザーが物体に触れ反射して戻ってきた時間を測定、物体までの距離や対象の大きさや形などを計算する。なお、このレーザーは人体に触れても安全な代物だそうだ。

1 2

参照
smithsonianmag.com
popularmechanics.com
robotsinsider.com