人間とモノ、世界を繋ぐソーシャルロボットが続々登場

人間とモノ、世界を繋ぐソーシャルロボットが続々登場

関連ワード:

Posted date:2016.01.18
ソーシャルロボット_ナディーン
ナディーンとナディア・タルマン教授 photo by youtube

 人間と会話したり、感情を交換するロボット「ソーシャルロボット(Social Robot)」の開発に注目が集まっている。ソーシャルロボットとは、社会的な行動規範やルールを守りながら、人間とコミュニケーションを交わすことができる自律型ロボットを指す。最近、人工知能の発展が急速に進んでいるため、それを搭載したソーシャルロボットも加速度的に進化すると見られており、すでに社会の各分野では実際にソーシャルロボットが登場しはじめている。

 例えば、「テック・タイムズ」(techtimes)が紹介した、シンガポール南洋理工大学(Nanyang Technological University)の案内担当ヒューマノイドロボット・ナディーン(Nadine)がそのひとつだ。

 ナディーンは南洋理工大学が開発したソーシャルロボットで、マイクロソフトのコルタナ(Cortana)や、アップルのシリ(Siri)と似たような人工知能-ソフトウェアが搭載されている。そして、そのルックスはまるで人間のようである。

 ナディーンは通常のロボットとは異なり、会話の内容に応じて、幸せだったり、悲しんだりすることができる、“感情”を持っているという。また優れた記憶力を維持できるようメモリが内蔵されており、出会った人々を記憶し、以前に交わした会話の内容まで覚えることができるという。

 ナディーンの製作者は、南洋理工大学メディアイノベーション研究所に在職しているナディア・タルマン(Nadia Thalmann)教授。彼女はナディーンについて「人とともに生活し、そこで起こるすべてのことを認知、意識する存在」と紹介。「今後、ソーシャルロボットはスターウォーズに出てくるC-3POのように、言語や礼儀作法を理解したドロイド(droid)のような形に発展するだろう」と予測している。

 ナディーンとともに南洋理工大学で製作されているエドガー(EDGAR)もまた、ソーシャルロボットである。エドガーの特徴は、使用者の行動を反映するために最適化されたリモートディスプレイが搭載されているという点である。

 ユーザーがロボットと連動されている特殊なWebカメラの前に立つと、世界のどこにいてもエドガーをリモートコントロールすることができる。ユーザーが笑ったり、顔をしかめたりすると、その姿がリアルタイムでエドガーのディスプレイに表示される。

1 2 3

参照
techtimes
ウィンクル
youtube