ロボット時代の新しい仕事・倫理的技術弁護士ってなに?

ロボット時代の新しい仕事・倫理的技術弁護士ってなに?

Written by 河鐘基

Posted date:2016.09.19


技術倫理弁護士_Ethical Technology Advocate

photo by microsoft


 ロボット時代に新たに登場する仕事には、どんなものがあるのだろうか。現在、そのうちのひとつとして期待されるのが「技術倫理弁護士」(Ethical Technology Advocate)だ。これは、倫理的判断を元に人間とロボットの衝突を防ぎ、シナジー効果を生みだす仕事である。なお、倫理的技術弁護士は、マイクロソフト社が学生にすすめる「10年後の未来の仕事」のひとつでもある。

 倫理的技術弁護士は、人工知能を搭載されたロボットが活用される分野で、人間とロボットの仲介者の役割をする。主な業務としては、ロボットとロボットメーカーが守るべき道徳や倫理規則を定めること。また、ロボットと人間の微妙な力関係を調整することとなる。

 マイクロソフトの最高経営責任者サティア・ナデラ(Satya Nadella)氏は、人工知能の開発で最も重要な次のステップは、ロボット設計の倫理的枠組みをつくることだと指摘する。また、米ロボット学者、および芸術家であるアレクサンダー・レーベン(Alexander Reben)氏は、「(ロボットに関する倫理的問題)は、ロボット革命時代がはじまるなかで、最も大きな懸念のひとつになるだろう」と示唆する。彼は最近、人に害をもたらすか否か、自ら選択するロボットを開発・発表したことがある。 「ファーストロウ(First Law=第1原則)」という名称のこのロボットは、人が指を差し出すと針で指を刺すかどうかを自ら決定する。

 ファーストロウという名称は、1942年にSF小説家アイザック・アシモフ氏が発表した、ロボット工学三原則からインスピレーションを受けたもの。アシモフがつくった3原則のうち、最初の原則は「ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない」というものである。レーベン氏は、「私は人間に害を及ぼすロボットが存在するということを証明した。私たちは、コントロールできない人工知能の恐怖に相対する人々が必要だ」と述べている。

1 2

参照
microsoft.com
NPR
technologyreview.com
slate.com