サービスロボット市場、2020年まで毎年23.5%成長か

ロボティア編集部
ロボティア編集部

jiboイメージ
photo by Jibo(via youtube)

 マーケットリサーチリポート社は、ウェブサイトwww.MarketResearchReports.comで、「グローバル市場における家庭用サービスロボットの市場-2020年まで規模と傾向(Global Domestic Service Robots Market - Size and Trends to 2020)」を発表した。

 個人用および家事用の両方を含む世界の家庭用サービスロボットは、ロボットアプリケーションの認知・受容、人間の労働コストの増大、継続的な技術の進歩を背景に、安定した成長を見せようとしている。同レポートでは、家庭用サービスロボットのグローバル総売上高は、今後2015年から2020年の期間、年率23.5%で成長すると予測されている。

「グローバル市場における家庭用サービスロボットの市場-2020年まで規模と傾向」では、情報源の総合的な調査・分析を通じてサービスロボットの世界市場を調査した。アプリケーション分野については、クリーニング、芝刈り、ホームセキュリティ分などでタスクをこなす家庭用サービスロボットと、エンターテイメントやレジャー、教育研究、ハンディキャップ援助、交通、高齢者介護パーソナルサービスロボットなどに着目し、その動向をまとめている。

 同レポートは、今後最も大きくなるであろう市場として米国を挙げた。次いでアジア太平洋地域に注目。中国やその他東南アジア諸国を、サービスロボット市場成長のための“エンジン”であると予想している。サービスロボット開発の主要国であるドイツを含むヨーロッパは、3番目に大きな市場とされている。