米国男性、インドの遺跡をドローンで撮影し逮捕される

米国男性、インドの遺跡をドローンで撮影し逮捕される

関連ワード:

Posted date:2016.03.28

ドローン逮捕
photo by hindustantimes.com

 アメリカ人男性がドローンを使用し、インド・カジュラーホ寺院郡を無許可で撮影したとして警察に逮捕された。

 インドで考古学的調査と保護に勤めるアシスタント、ゴパル・クリシェン・シャルマ(Gopal Krishen Sharma)氏は、寺院の近くを飛んでいるドローンに気づき警察に通報。また、寺院近くのホテル屋上で機器を操縦している男を発見した。

「我々は急いでホテルに行き、ドローンとリモコンを所有する外国人を捕まえて、彼を地元警察に引き渡した。この件で彼は私たちに告訴される。私たちは専門家として、法律面や規則を考慮し、男性を告訴するべきだと考えている」(シャルマ氏)

 男性は「なぜ許可なく世界遺産を撮影したのか」と聴取されたところ「ドローンでの撮影が禁止されているとは知らなかった(中略)禁止されているとの看板も無かった」と主張しているそうだ。シャルマ氏は「我々は彼らの撮影した物を確認し、内容を消去した後に彼らを釈放する」としている。

 安全・保全上の理由により、しかるべき許可を得ていない場合、インドではドローンの使用が禁止されている。2016年2月にはイタリア人とポーランド人が建造物をドローンで撮影したため逮捕されている。

1 2

参照
digitaljournal.com
hindustantimes.com