インテルがなぜ「ドローン事業に熱をあげるのか」を整理してみる

インテルがなぜ「ドローン事業に熱をあげるのか」を整理してみる

Posted date:2016.05.27

インテル_リアルセンス
photo by youtube

 インテルとドローンの縁のはじまりは、約2年前まで遡ることができる。2014年、インテルが開催したコンテスト「メイク・イット・ウェアラブル・チャレンジ(Make it wearable challenge)」で、自撮りドローン・ニクシー(Nixie)が優勝。そのニクシーを開発したチームは、優勝賞金50万ドル(約5480万円)と、コンシューマーエレクトロニックショー2015(CES 2015)の基調講演に招待されるという特典を得たのだが、インテルはそのCES 2015からドローンへの並々ならぬ関心を示しはじめる。

 CES 2015でインテルは、ニクシーの紹介にとどまらず、自社の「リアルセンス(RealSense)」技術を搭載したドローンを披露した。リアルセンスとは、高精細カメラや赤外線センサーなどを活用して、コンピュータが周囲のものを3次元的に認識する技術を指す。リアルセンスを活用すれば、顔認識を活用したセキュリティデバイスや、人の動作に反応するゲームなどを開発することが可能。インテルはそのリアルセンスをドローンに応用し、障害物回避機能を実装し、会場で披露した。

 当時のインテルのドローンは、ドイツのスタートアップ、アセンディング・テクノロジー(Ascending Technologies)が開発を担当した。両社はその後も協力関係を維持。今年1月には、インテルがアセンディンテクノロジーを買収するにいたっている。

 インテルとドローンを語る上で、アセンディング・テクノロジーと同じくらい重要な企業がある。撮影用ドローン「Q500」で知られる中国企業・ユニーク(Yuneec)だ。2015年8月、インテルはユニークへの投資を宣言。その金額はなんと6000万(約65億8000万円)ドルだった。インテルCEO、ブライアン・クラーザーニッチ(Brian Krzanich)は、その投資について次のように述べている。

1 2 3