アメリカ連邦航空局が“ドローンの危機一髪案件”を報告

ロボティア編集部
ロボティア編集部

©BillWillson
photo by ©BillWillson (flickr)  

米国でドローンと航空機のニアミス事件が相次いでいる。

今年1月、ビーチクラフト・ボナンザのパイロットが、「機体の左ウィングから4分の1マイルほどの距離を、黒いドローンが飛んでいるのを見た」と報告した。5月には、タレクゥアから出動したイーグルメッド・ヘリコプター(救急サービス用ヘリ)が、「白いドローンが、機体から300フィートの距離でついてくるのを見た」と話している。7月には、タルサにあるリチャード・ロイド・ジョーンズ・ジュニア空港の滑走路の端で、赤と緑の光を放つ小さなドローンが飛行しているのを通行人が目撃している。米国国内でのドローンの使用はここ数年で急増している。同時に、無人飛行機がパイロットを乗せた飛行機の近くに接近する事件が多発している。

2014年11月から現在まで、全国的に似たようなニアミス事件が100件近く起きた。もちろん、そこにはオクラホマ州で過去8か月に起きた5件の出来事も含まれる。ちなみに、オクラホマは米国有数のドローンメッカとして知られる。これらの統計は、アメリカ連邦航空局の週刊戦略プレスリリースで明らかになった。

「ドローンユーザーは、その危険性について自覚しなければならない」と、カレン・カーニー(Karen Carney=ウィル・ロジャース・ワールド空港のスポークスマン)は話す。

「(ドローンの)テクノロジーはおそらく政策を上回っている。そしてそれは猛烈な勢いで成長し続けている。ホビー用と商業用のドローンについて、適切なルールと規則を開発する時間を取る必要があるのではないか」

2012年のFAA 近代化及び改革法(The FAA Modernization and Reform Act of 2012)は、運輸大臣に無人飛行機が国内で飛行するための耐空証明を発行する権限を付与した。いくつかの商業用ドローンは、ルールに則った形で、ケースに応じてすでに権限を与えられている。

FAAによれば、趣味や娯楽でドローンを使う人々は、400フィート以下の飛行制限と、最低でも空港から5マイル以上離れなればならないなど、以下に記すFAAの安全ガイドラインを守ることを“強く推奨”されている。先週、FAAはパイロットがドローンを目撃した数が、2014年の238件から、2015年の8月までですでに650件まで跳ね上がったことをアナウンスした。カルフォルニア州が最も多い170件。ついでフロリダ州の92件とニューヨークの79件となっている。

世界中でドローンの法整備が望まれる背景には、このような危険な排除しようとするものである。米国内でも賛成派と反対派の間で熾烈な議論の応酬が続いている。