ユバル・ハラリ氏「人間がAIより感情で優位という保証はない」

ユバル・ハラリ氏「人間がAIより感情で優位という保証はない」

Written by Shinji Ikematu

Posted date:2016.04.29

ユバル・ハラリ教授
ユバル・ハラリ教授 photo by bradshawfoundation.com

 世界30以上の言語に翻訳出版されたベストセラー「サピエンス(Sapience :A Brief History of Humankind)」。同書著者、またイスラエル・ヘブライ大学のユバル・ハラリ(Yuval Noah Harari)教授が、韓国・ソウルを訪問。29日には「人工知能との共生の道」というテーマで講演会を開催した。

 その講演会でハラリ教授は、人工知能(AI)と関連した社会の変化を予想。30〜40年後には人工知能などの先端技術が、現在のほぼすべての職業から人間を押し出し、感情が必要な分野でさえ、人間の優位性が維持されていない可能性があると指摘した。

「(未来的に)経済システムにとって何の助けにならない人間が量産されるが、それに合わせた社会政治モデルがない。人間がAIより優れた能力を発揮する(感情に特化した)雇用分野が生まれると信じられているが、すでに顔の表情を読んだり、言語選択の分析で、人工知能が人間よりはるかに優れた能力を示している」(ユバル・ハラリ教授)

 ハラリ教授は、感情も生存の必要性に応じて生まれた複雑な「生化学的アルゴリズム」に過ぎず、「そのアルゴリズムが、人工知能より優れているという保証はない」という。

「福祉社会であるためAIが人間の労働を代替する時代が来ても、人間が飢えて死ぬことはないだろう。ただ、仕事を通じて生の意味を求めてきた人々は、心理的に悲惨で不幸な人生を生きることになる可能性がある。これを回避するためには、科学者だけではなく、哲学者、歴史学者、心理学者の言葉を聞くことが必要だ」

 ハラリ教授はまた、AIなど科学技術が爆発的に発展した未来において、子供たちの教育が根本的に問い直されることになるとした。

「現在の世代は既存の教育では(世界の変化に)対応できないと知る、歴史上初の世代になる。(中略)既存の学校教育は、子供たちが大きくなった時にはほとんど無駄になる。正規の授業ではなく、休憩時間に遊びながら学ぶことの方がまだ使い道がある」

 さらに、その教育問題に関する解決方法および政策の不在についても指摘。「かつては10歳の子供でも、自分が大きくなったときに世界がどのようになるか尋ねれば、賢明な答えをすることができたが、現在は今の世界とは全く異なるものとしか答えようがない状況だ」とし「何を教え、準備しなければならないのか、わからないという問題が浮上している」と指摘した。

1 2

参照
ハンギョレ新聞
東亜日報
kbs