インテルが買収した自動運転技術イスラエル企業「Mobileye」...シャシュア CEOとは何者か

インテルが買収した自動運転技術イスラエル企業「Mobileye」...シャシュア CEOとは何者か

Posted date:2017.12.12
Photo by Mobileye

インテルは今年3月、イスラエル企業「モービルアイ(Mobileye)」を150億ドルで買収した。これは、インテル買収合併案件では2番目の規模であり、イスラエル企業の歴代M&A事例としては最も高い金額となった。なお、過去のイスラエル企業買収事例としては、米IT企業シスコが20イスラエルのソフトウェア企業「NDS」を50億ドルで買収(2012年)したのが最大。インテルのブライアン・クルザニッチCEOは、モービルアイの高額買収について「インテルが、自動走行車産業で必要よとなる技術を生み出すリーダーとして浮上した」と、評価している。

1999年にイスラエルで設立されたモービルアイは、自動走行車の中心的な技術となる「先端運転支援システム」(ADAS)を世界に先駆けて開発した企業だ。 ADASは、車線を離脱したり、歩行者や前方車両との追突の危険性があった際に警告してくれる「インテリジェント安全装置」である。モービルアイのADASは、前方車両との追突警報は最大2.7秒前、歩行者の場合は最大2秒前に通知してくれる。同技術は、自分の車両と対象の速度、車間距離などを正確に認識・分析できるため実現可能となっている。

現在、モービルアイのADASは、ゼネラルモーターズ、BMW、現代・起亜など、世界27の主要自動車メーカーに供給されている。そのため、MITテクノロジーレビューは昨年、「世界で最もスマートな企業6位」と同社を評価した。

モービルアイは、イスラエルの産業生態系まで変えたと言われている。現在、イスラエルでは、スタートアップ7000社中450社が自律走行車関連の技術を研究している。 GM、フィアットなどは自律走行車の研究開発(R&D)センターを建設。また、すでにR&Dセンターをイスラエルで運営しているベンツは、研究者を追加投入する計画だ。現代・起亜も2018年初めに、オープンイノベーションセンターを建設する予定となっている。そのように、自動車メーカーがひとつもないイスラエルは、モービルアイの成功により、自律走行車の「技術中心地」として浮上することになった。

全世界が注目するモービルアイの飛躍的な成長は、ヘブライ大学のアモン・シャシュア(Amnon Shashua)教授によって牽引されている。モービルアイ共同創業者である彼は現在、モービルアイCEO・CTO、インテル上級副社長を務めている。

1960年生まれのシャシュア氏は、イスラエルのテルアビブ大学で数学とコンピュータサイエンスを専攻。その後、ノーベル賞受賞者を多数輩出したことでも有名なイスラエルのワイツマン科学研究所で修士号を取得、そしてMITでも人工知能・認知科学研究で博士号を取得している。コンピュータビジョンの分野の権威であり、1988年以降、約100編のコンピュータビジョンおよび人工知能関連の論文を発表している。

1 2 3