射程は1Km!?イスラエル・ドローン企業のセンサー技術がすごい

射程は1Km!?イスラエル・ドローン企業のセンサー技術がすごい

Written by Shinji Ikematu

Posted date:2016.10.12

ドローン_イスラエル_arberobotics
photo by arberobotics

 飛行中、360度周囲を検知し、最大200m前方の障害物を避けることができるドローンレーダーシステムを開発したイスラエルのスタートアップ・アーブロボティクス(Arbe Robotics)が、今回、前方1㎞の距離にある障害物まで把握するレーダー技術を開発したという。

 現在普及しているドローン製品のほとんどは、衝突を防止するための小型カメラやセンサーを搭載しているものの、その可視距離は50mほどに過ぎなかった。そのような理由から、配達用ドローンの商用化において、衝突の危険性が指摘されてきた。一方、アーブロボティクスのセンシング技術は、150m~1㎞前方のレンジを持ち、衝突を未然に防ぐことができるとされており、未来の物流を支える技術になるものとして期待を集めている。

 アーブロボティクスの共同創業者コビ・マレンコ(Kobi Marenko)氏は、メディアの取材に対し「レーダーは、すべてを見ることができるという長所がある(中略)ステルス戦闘機であるF35を除いて、レーダー信号を反射していないものはない」と、自社が開発した技術に自信をのぞかせる。

「私たちのレーダーシステムは、毎秒50以上の障害物を検出することができ、これは1/2000秒で障害物を検出することを意味する。視野に依存するすべての飛行体の限界を超えることができ、配達用ドローンや政府の監視用ドローンの運用に安全性を加わえることができる」(マレンコ氏)

 現在、世界各地では配達用ドローンの商用化に向けて、実証実験が盛んに行われはじめている。

 米ネバダ州に拠点を構える新興ドローンメーカー・フラーティー(Flirtey)は、今年3月、米連邦航空局(FAA)の承認を得て、ミネラルウォーターや非常食などを、自律飛行で800mほど配送することに成功した。流通大手ウォルマートも昨年、配達用ドローンを屋外で飛ばしたり、倉庫在庫管理用に試験運行できるよう、連邦航空局に承認を要請した状態だ。

1 2

参照
businessinsider
timesofisrael