ニコラモーター社が電気トラックを発表...狙うは次のテスラ?

ロボティア編集部
ロボティア編集部

ニコラモーターズ_ニコラワン1
Nikola one photo by Nikola motor

 電気自動車市場の雄・テスラモーターズの背中を追い、トラック界の「テスラ」を目指す企業が登場した。ニコラ・モーター(nikolamotor)社だ。ニコラ・モーターズホームページには、トラック「ニコラ・ワン(Nikola one)」とオフロード車輌「ニコラ・ゼロ(Nikola Zero)」のコンセプトイメージ、および大まかな仕様が、それぞれ紹介されている。

 まず「ニコラ・ワン」の仕様は6x6 電気動力、2000馬力、320kWhバッテリー、走行距離1200マイル(約1930㎞)、160万km無料充電となる。

 トラック内部には「精巧なハイテク天然ガスタービン」が搭載されており、一度の充電で1500m以上が走行可能だという。月5000ドルで、無制限の充電、無期限の補修と保証という条件まで付いている。アメリカ全土50カ所に、専用の充電所も構築する予定だ。

 なお、同車種はエンジン装着の空間を狭めているため、一般的なトラックよりも運転席が30%以上広く使える。また、大型のタッチディスプレイで多様な操作が可能だ。外部に装着されたカメラでは、車周辺360度を確認でき死角はない。事前予約金は1500ドル(約16万円)で、実質価格は37万5000ドル(約4080万円) だそうだ。

ニコラモーターズ_ニコラゼロ1
Nikora Zero photo by nikora motor

 ニコラ・ゼロというモデル名のオープンフレームオフロード車輌は50kWhバッテリーを搭載し200kmを走行可能、0~100kmまでの加速が3秒だと説明されている。事前予約金は750ドル(約8万1000円)で、実質価格は4万2000ドル(約460万円)となる。

 ただし、まだ細部に関しては説明がなく車輌の発売日も定まっていないようだ。