【まとめ】世界のIT企業が進めるドローンプロジェクト

ロボティア編集部
ロボティア編集部

 一方、IBMのT.J.ワトソンリサーチセンター(T.J.Watson Research Center)は、ドローン関連プロジェクトの一環(PR)として、卓球をするドローンの動画を披露しています。ただこのプロジェクトの目標は、ドローンという領域で、コンピュータビジョン(撮影した画像から、コンピューターが対象となる世界を理解する技術)、エネルギー効率的な演算、客体追跡などの技術など、さまざまなハードウェアとソフトウェアを組み合わせることにあるそうです。

 IBMはまた、音声命令でドローンを動作させたり、コーヒーを配達するなど、実験的な動画を公開しています。

 シスコシステムズとディメンションデータ社は、赤外線カメラが搭載されたドローンで密猟を監視するプロジェクトを推進しています。南アフリカのハンティングが禁止されている地域で疑わしい活動を監視し、密猟者から主にサイを保護しています。両社はそれは、監視およびデータ分析のために保安ネットワークも構築しています。