ロボットが外科手術...カナダ・オンタリオ州の最先端医療現場

ロボット手術のイノベーションは時間と費用の節約に

 ロボット手術の技術革新には目を見張るものがありますが、同時に時間とコストの削減も注目に値します。シナプティブ・メディカルの共同創設者兼社長のキャメロン・ピロン氏によれば、神経外科手術は手術室の中で最も高額な治療で、1分当り250ドルにも上るのだそうです。それが、ロボットの利用による自動化で、手術1件にかかる時間を25%削減することができ、かつ硬膜破砕と呼ばれる腰椎手術のときに起こる恐ろしい合併症の発生を事実上なくすことができるということです。これにより、1日の手術件数をもう1件行うことが可能になり、手術中の切除の必要性を50%減らせるとピロン社長は言います。

「ロボット手術は、カナダや他国において、急速に研究が進む分野の一つになっています。5年前、手術など外科的処置を行うロボットを提供する会社はカナダに1社しありませんでしたが、今日では数えきれないほどに急増しました」

 手術ロボットの普及は全く理にかなったことです。なぜなら、この技術はもともと、世界で最も厳しい安全性とリスクマネジメントの基準を満たすように開発されたものなのだからと、MDA社のティム・リードマン取締役(コマーシャル・システムズ担当)は言います。

「結局のところ、宇宙では失敗できる余地はないのですから」

おわりに

 このように、オンタリオ州では、最先端の手術用ロボットのイノベーションが現在も進行中です。パートナー企業の開拓や研究機関との共同開発など、様々な連携のあり方が可能です。日本企業の皆様にも大いに貢献できると期待しております。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

■寄稿者プロフィール

ロバート・A・アルマー(Dr. Robert A. Ulmer)

オンタリオ州政府在日事務所代表 兼 カナダ大使館参事官(商務)。オンタリオ州トロント出身。30年余年の間、日加間の国際ビジネスをはじめ、幅広い分野にわたり、日加交流の架け橋を担う知日派。2006年から現職。

オンタリオ州政府在日事務所について

オンタリオ州政府在日事務所(Ontario International Marketing Centre、東京都港区カナダ大使館内)は、日本とオンタリオ州の貿易・投資促進を図る目的で2006年2月に開設されました。同在日事務所は、日本企業の投資誘致活動、オンタリオ企業・輸出業者への支援、日本の行政・媒体関係者の協調関係を深めるなど、様々な活動を通じてオンタリオ州の産業、ビジネスを紹介し、日加間のビジネス交流・貿易の促進に取り組んでいます。

・オンタリオ州の投資全般に関する情報 インベスト・イン・オンタリオ(英語)
URL: http://www.investinontario.com/

オンタリオ州への進出・投資に関するご相談・お問い合わせにつきましては下記までご連絡をお願いいたします。

オンタリオ州政府経済開発省 日本広報窓口(株式会社トークス内)
Email: ontario@pr-tocs.co.jp

Dr. Robert A. Ulmer

記者:Dr. Robert A. Ulmer


オンタリオ州政府在日事務所代表 兼 カナダ大使館参事官(商務)。オンタリオ州トロント出身。30年余年の間、日加間の国際ビジネスをはじめ、幅広い分野にわたり、日加交流の架け橋を担う知日派。2006年から現職。オンタリオ州政府在日事務所(Ontario International Marketing Centre、東京都港区カナダ大使館内)は、日本とオンタリオ州の貿易・投資促進を図る目的で2006年2月に開設されました。同在日事務所は、日本企業の投資誘致活動、オンタリオ企業・輸出業者への支援、日本の行政・媒体関係者の協調関係を深めるなど、様々な活動を通じてオンタリオ州の産業、ビジネスを紹介し、日加間のビジネス交流・貿易の促進に取り組んでいます。【お問い合わせ】オンタリオ州政府経済開発省 日本広報窓口(株式会社トークス内)

http://www.investinontario.com/