ロシアが核兵器搭載水中ドローン開発を進めている可能性が浮上

ロボティア編集部
ロボティア編集部

プーチン大統領 海兵隊
photo by unpics.com

米国と中国に次いで、ロシアも水中ドローン(UVV)の開発に乗り出したという主張が出ている。米国と中国は魚雷型の水中ドローンを水中監視、魚雷調査などの用途に使用しようとしているが、ドローンに核兵器を搭載する案を進めていることが知られ注目を集めている。

米国のオンライン外交安保専門メディア「ワシントン・フリービーコン(WFB)」は、今月初め、国防総省関係者の言葉を引用して、ロシアが米国の港と沿岸都市を攻撃するための大規模な核兵器を搭載したドローン潜水艦を建造中だと報道した。同報道によると、ロシアが開発している水中ドローン(UUV)が実戦配備される場合、米海軍原子力ミサイル搭載潜水艦が利用しているジョージア州キングス湾や、ワシントン州ピュージェット湾を吹き飛ばすほどの威力を持った核弾頭を搭載するとしている。

米国政府は、ロシアの核兵器を搭載した水中ドローンの詳細を機密情報として取り扱っている。しかし、WFBはこの問題をよく知る関係者の言葉を引用して、ロシアの水中ドローン開発計画のコードネームは「キャニオン」であり、プーチン大統領の核兵器近代化計画の明白な証拠と伝えた。複数の米国防総省関係者は、「キャニオンプログラムは、数十メガトンに至るサイズの核弾頭で武装し、自律潜水艦による攻撃方法を構想したもの」と予想している。

ロシアが開発を進めているのは、魚雷型、もしくは小型潜水艇レベルの水中ドローンが有力だとされている。プーチン大統領は、去る7月26日からロシア・バルチースクで開かれた海軍記念式典で新しい海洋ドクトリンを発表。新型水中ドローンの潜水艦を示唆した。同ドクトリンは、水中ドローンを含めた革新的な技術の開発を求めた。すでにロシアの武器開発者は、それら技術開発に乗り出しているものとみられている。

ロシア中央研究所(KURS)の所長は去る6月、国営のスプートニクニュースに「UUAを開発している最中」とし「私たちの研究所は遠隔操作、水中ドローンを含めた自律運行分野で多数の新しい開発を完了した」と述べている。