【スマートヘルスケア】デジタル技術を取り入れた注目の歯ブラシ

ロボティア編集部
ロボティア編集部
GlareSmile
GlareSmile photo by jebiga.com

■磨く時間を「時短」…殺菌効果も

 こちらのグレアスマイル(GlareSmile)は、10秒あれば歯を磨くことができるという電動歯ブラシだ。イタリアの歯科医師が考案した同製品は、短時間で歯をしっかり磨ける上、口腔ケアもできる“一石二鳥の優れもの”という触れ込みである。

 この製品は、特許を取得した技術をもとに、複数のブラシで歯のあらゆる表面を磨けるように設計されている。開発期間には、5年がかけられた。 中央にあるブラシを中心に、両サイドに位置したブラシが歯の表裏と舌などをみがく。下から上に回転しながら、歯垢除去効果も発揮する。

 スイッチを切ると自動的にUV LEDがつくのだが、 紫外線を透視し、細菌をその都度殺菌できる仕組みになっている。マイクロUSB端子を利用して充電することができ、本体はすべて防水処理がほどこされている。

 グレアスマイルはまた、1.77インチのタッチスクリーンからワンタッチですべての機能をコントロールできるようになっている。 モード選択が可能で、歯磨き重視か、はたまたマッサージ重視なのか、どちらかを選択することができる。ヘッドは交換式で成人向けと子供用の2種類。 交換は平均的に2ヶ月ごとだそうだが、製品がアラートでお知らせしてくれる仕組みになっている。

 グレアスマイルは専用アプリとも連動している。 歯磨きした時間をはじめ、歯にかかる圧力を測定することで、口内への負担を知ることができ、アプリを通じて保存したデータを、担当歯科医に見せて相談することもできる。