世界販売は中止に!?ソーシャルロボット・Jiboの怪しい雲行き

世界販売は中止に!?ソーシャルロボット・Jiboの怪しい雲行き

Written by Jin Kodama

Posted date:2016.08.17


ソーシャルロボット_jibo

photo by jibo.com


 米MITの准教授シンシア・ブラジル氏は、2014年に世界初のソーシャルロボット「ジーボ(Jibo)」を公開した。ジーボは、世界中から大きな注目を集め、ファンディング(クラウドファンディングなど)を大きく成功させた。最終的にかき集めた金額は、約371万ドル(約3億7000万円)に達した。

 しかし、そのジーボ開発プロジェクトの進み具合が、問題視されはじめている。当初、ジーボの発売予定は2015年だった。しかし、完成度の問題でスケジュールが遅れ、1年ほど先送りに。今年4〜5月に発売が改めて予定されたが、8月を迎えた現在でも見通しが立っていない。

 去る8月10日には、ジーボに投資した人物のひとりが、開発企業に直接問い合わせた。その人物は、企業側とやりとりしたメールの内容を公開。問題に大きく火がつきはじめた形となっている。

 デンマークに居住するその人物は、デンマークにおけるジーボの発売スケジュールを問い合わせた。すると企業側は「デンマークでの発売予定はない」と返答してきたという。

 当初、クラウドファンディングサイト「インディゴーゴー」では、ジーボを世界中すべての地域に発送することを約束していた。が、それを反故にしたということになる。この問題が浮上すると、開発企業側は「北米(カナダ、米国)以外のリリースを無効にする。事前に注文したお客様には返金する方針」とコメントを発表した。なお、北米での発売スケジュールも10月に再延期されている。

1 2 3

参照
geekwire.com
techcrunch.com
slashgear.com