平昌冬季五輪も射程...英国と韓国がICT分野で連携強化

平昌冬季五輪も射程...英国と韓国がICT分野で連携強化

関連ワード:AI ICT 英国 韓国

Written by Pocca

Posted date:2016.09.15

%e8%8b%b1%e9%9f%93ict%e5%8d%94%e5%8a%9b_%e5%b9%b3%e6%98%8c%e4%ba%94%e8%bc%aa

 韓国・未来創造科学部と英国内閣事務局は9月12日、ロンドンでICT技術協力強化のための「第2回韓-英ICT政策フォーラム」を開催した。

 フォーラムには、韓国側未来部のチェ・ジェユ次官、英国政府の技術顧問であるリアム・マックスウェル氏(Liam Maxwell)を筆頭に、政府および民間の専門家が参加。ICT新産業分野のおける協力成果を報告した。両国首脳会談(2013年11月)をきっかけに始まったICT政策フォーラムは2回目を迎え、実質、政府間の政策交流を超えた民間同士の協力窓口へと発展している。

 特に英国は現在、新任首相就任や組閣などの政治的変化の渦中にある。それにもかかわらず同フォーラムが開催されたことは、両国のICT協力関係における確固たる信頼関係を物語る。

 未来部と内閣事務局はこれまでにも、両国の知能情報技術政策と動向、民間の活用事例などを議論しながら、5GやIoT、フィンテック、人工知能など、先端ICT分野の政策及び技術動向を共有し、協力の基盤づくりを行ってきた。また、韓国の情報通信技術振興センター(IITP)と英サリー大学(イングランド・サリー州ギルフォード)に設置された5Gイノベーション・センター(5G Innovation Center)は、次世代移動通信システムである、5G無線技術市場を開拓するために了解覚書(MOU)も締結している。これを踏まえて、平昌冬季五輪などにむけ、5Gテストサービス(360°VRなど)の実現のためのテストベッド(試験用プラットフォーム)の構築・標準化の協力も進められる予定だ。

 加えて、チェ次官はロンドンにあるディープマインド本社を訪問し、デミス・ハサビス氏と面談した。デミス・ハサビス氏は今年3月、韓国のプロ囲碁棋士・李世ドル(イ・セドル)九段との対局した人工知能「アルファ碁(AlphaGo)」を開発した人物。現在、Google(グーグル)の子会社である英・ディープマインド社の最高経営者(CEO)である。

1 2