「人間はAIで代替できない」訴訟情報解析企業の創始者の意外な見方

「人間はAIで代替できない」訴訟情報解析企業の創始者の意外な見方

Written by 河鐘基

Posted date:2016.10.28

ジョシュアウォーカー_レックスマキナ
photo by santa clara law

「人工知能は、人間の能力を代替することはできないでしょう。ただし、法律家がより良い判断ができるように手助けし、紛争解決に決定的な役割を果たすはずです」

 ビッグデータアルゴリズムを利用して訴訟判決結果を予測する、いわゆる“リーガルアナリティクス=訴訟情報解析ツール”を提供する人工知能企業レックスマキナ(Lex Machina)の創設者ジョシュア・ウォーカー(joshua walker)博士は、韓国・最高裁が主催する「2016国際法シンポジウム」に登壇。「人工知能は人間の利便性を高めるための手段であるだけで、人間そのものを代替することはできない」と強調した。

 自身も特許専門の弁護士として活動していたウォーカー博士は、特許データ分析アルゴリズムを研究していた2009年に同社を設立。裁判所の判決情報など膨大なデータを使用して、判決結果を予測するサービスを提供開始した。なおウォーカー博士は過去に、米スタンフォード大学とカリフォルニア大学で知識財産法の講義も受け持っていた。

 これまで、数多くの特許事件などで正確な訴訟結果を予測してきたレックスマキナの創始者の言葉は、意外なものとなった。ウォーカー氏は続ける。

「過去に下された複数の結論を通じて未来を予測することは、人工知能にはやりとげることができないだろう(中略)同じ裁判官でも、同じような問題に異なる結論を下すことがある。人工知能が下す決断が、人間の意思決定を代替することはできないと思う」(ウォーカー氏)

 ウォーカー氏はさらに「人工知能の役割はデータを蓄積・分析し、人間がより良い最終予測をできるようにすること。また、法律家が紛争に集中できるよう、支援する役割にとどまるだろう」とも付け加えた。

 ウォーカー博士の考えでは、両者は対立するものではない。それよりも、人工知能と人間より大きな枠組みで、相互に補完しながら、それぞれの利点を生かし共存する形になるのではと予想する。

1 2

参照
yonhapnews
京郷新聞