精度85%以上…人工知能が顔相から「犯罪予備軍」見分ける

精度85%以上…人工知能が顔相から「犯罪予備軍」見分ける

関連ワード:AI テロ 中国 犯罪 米国

Posted date:2016.12.12

 なお、昨年11月初めには、米ノートルダム大学のメル・マッカリー(Mel McCurrie)氏ら研究チームは、顔写真だけで、対象が信頼に足るか、権威的か、社交的か、ユーモアに富んでいるかなどを人工知能に判断させる実験を公開した。顔の特徴から、その人間性を割り出そうというものである。また米国では、2013年のボストンマラソン爆弾テロ事件を受けて、天才ハッカーが犯罪者を事前に逮捕するための“犯罪予備軍摘発プログラム”を開発しているとも報じられている。こちらには、米治安担当者の接触があるという噂だ。

【関連記事】>>>米ハッカーがテロ防止用の人口知能アプリ「iAWACS」を開発

 人工知能によって、人間の顔や身体的特徴が分析されクラス分けされる世界。もしそれが実現してしまうとするならば、そこには新たな階級社会が到来するかもしれない。

1 2 3

参照
unwire.pro
digi.163.com