教育界に朗報!? ロンドン小学校に「AI数学教師」が登場…インド企業開発

教育界に朗報!? ロンドン小学校に「AI数学教師」が登場…インド企業開発

Written by 河鐘基

Posted date:2016.12.28



 開発に参加するUCLのローズ・ロクキン(Rose Luckin)教授は、「人と人工知能が学習過程で自然な調和を成すこと」が目標であり、 「これまでの研究結果では、人工知能教師の役割は驚くほど高い」と自己評価している。

 ロクキン教授が人工知能教師に期待するのは、数学に興味を感じていない学生に人工知能教師が指導を行うことができるという点だ。特にインド、スリランカなどの学生にとって、大きな力になると見込んでいる。

「環境、もしくは他の理由により、学習に対する自信が欠如している学生を対象に補充学習が可能であり、学習を放棄する学生を減らしていくことができる」(ロクキン教授)

 現在、ペイク小学校以外の学校も、人工知能教師には大きな関心を寄せているという。テスト学習に参加した学生のひとりは「これまでの数学に恐怖心を抱いていたが、学習後にその恐怖が消えた」と述べている。また教育関係者たちは、人工知能教師の能力が向上すれば、教育界の大きな話題になると見込んでいる。
1 2

参照
theguardian.com