ロボット同士の論争はすでにはじまっている!?....「ウィキペディア編集合戦」の研究結果公開

photo by wikipedia

 今年1月、米国では人工知能を搭載したチャットロボット・Googleホーム2台に対話させ、互いに意見を交換させる実験が行われた。両マシンは、数日間にわたり無数のテーマについて議論。互いの主張をぶつけあった。

【関連記事】>>>AI同士の愛の会話が話題…「子供を持とうか」「離婚しよう」「僕は人間だ」

 そんなコンピューター同士の論争が注目を浴びるなか、国際学術誌・プロスワン(PLoS ONE)が、インターネット百科事典・ウィキペディア(Wikipedia)上で繰り広げられている、自動編集ボットの“編集戦争”について研究結果を紹介した。

 ウィキペディアでは、項目エラーの修正、リンク追加など、品質改善を行う編集ロボットが多数活動しているのだが、研究結果によれば、それらロボットが他のロボットが編集した内容を覆し、さらに修正を加えるという事態が続いているという。

 例えば、2009年から2010年までの一年間で、エックスキュボット(Xqbot)という自動編集ロボットは、ダークネスボット(Darknessbot)が編集した内容を2000回にわたり修正。逆にダークネスボットは、エックスキュボットが編集した内容を、1700回にわたり修正したという。内容としては、「アレクサンドロス1世(Alexander of Greece)」から、サッカーチーム「アストン・ヴィラFC(Aston Villa football club)」まで多岐にわたるという。

 人々が論争を繰り広げたり、文献を修正する作業には、ある程度、時間的な限界がある。まず体力がもたないし、論争を繰り広げることにほどなく飽きることが大半だからだ。ただ、編集作業を担うボットやソフトウェアプラグラムは、疲れることも、飽きることもなく、24時間にわたり“論争”を続けている。

河鐘基

記者:河鐘基


1983年、北海道生まれ。株式会社ロボティア代表。テクノロジーメディア「ロボティア」編集長・運営責任者。著書に『ドローンの衝撃』『AI・ロボット開発、これが日本の勝利の法則』(扶桑社)など。自社でアジア地域を中心とした海外テック動向の調査やメディア運営、コンテンツ制作全般を請け負うかたわら、『Forbes JAPAN』 『週刊SPA!』など各種メディアにテクノロジーから社会・政治問題まで幅広く寄稿している。